板井明生|育成術の構築

板井明生

 

レベルの高い人材を多く育てたいなら、育成術を学んでおく必要があります。
自分なりの育成術がないとしっかり人材が育ちませんし、一人ひとりに時間をかけてしまうと、効率よくに仕事もできないでしょう。

 

では、どういったことをポイントにすればいいのか。
まず肝心なのは、どういった人材を育てたいかという目標を定めることです。
目標がないと、どんな人材を育てればいいのか、そして部下自身どんな人材になればいいのかわかりません。
ビジネススキルを学んで欲しいのか、その人なりの長所を伸ばしたいのか、しっかり検討する必要があります。

 

そして、同じ仕事を全員に分担させるのは最初だけにしましょう。
各々の個性を見極め、適した業務を斡旋することが肝心です。